手すりの大切さって?について

手すりの大切さって?

バリアフリーとして多く利用される手すりですが、今回紹介するのは障碍者以外にも利用できる手すりについです。
いま手すりが増えているのは階段です。
やはり階段などに手すりがあると上りやすくなりますよね?
腰の負担などを和らげる効果があるので、健康な体を持続させることができるのです!

□階段の手すりが増えている?
一つの階段につき手すりというのはだいたい両端にあるくらいでしょうね。
しかし、今では3つ4つと一つの階段につき手すりが増えているようです!
つまり、片手で手すりをつかむのではなくて、両手で手すりをつかむようなスタイルになっているのです。
このため階段などでの転倒がかなり激減していると言われています!
バリアフリーも大切ですが、一般人向けのバリアフリーも進んでいるそうです!
これからはもっと住みやすくなる日本になると良いですね!
手すり一つかえるだけで、怪我するしないが変わるので、やはり変えてみるものですねー!

recommend